生活

【生活】お金の勉強をすると1円がとても重く感じた話

お金の勉強、してますか?

学校では教えてくれないお金の話

学校では勉強は教えてくれます。

社会に出て役に立つ勉強もあればそうでないものも多い現実

働いて給料貰って、無駄遣いせずに貯金するということを生きてる中で学びます。

それは生活の話であり、お金の勉強とは違いますが…

金がねぇー!金が欲しいー!もっと給料多ければ!

なんて言ったりしてる人ほどお金の事を知らない現実…

臨時収入あっても一気に使ってしまって手元に残らない。

そして金が無いと嘆いてしまう…

ラットレースです!

●お金の勉強

お金の勉強ってどうやってするのか?

学校では教えてくれません。

自分で勉強しないとダメです!

それでないと誰も教えてくれません。

勉強しないとどうなるか?

周りの人はこうしてる!これが普通なんだ!

っていう考え方になる。

良い借金悪い借金がある!

なんていう人も居ます。

家を買う借金は悪くない!

(昔の人は家を買うとかの借金とかは美とされる面があった)

それはお金の勉強が出来てない証拠です。

家のローン、車のローン

ある人はたくさんいるでしょう。

必要な物だから!

という考えだから借金してでも買うんでしょう。

良い借金、悪い借金なんて言ってるのはダメです。

ギャンブルで借金するのも、家や車を買うための借金も

借金という括りでは結局同じことなんです。

それをわかっていない日本人は多いです。

僕も昔はわかってなかったです。

そういうものなんだな〜って見て知ってるから。

みんなそうしてるから、っていう理由で

自分もそうするっていう日本人にありがちなやつ(笑)

ローンなんて典型的なやつ。

毎月◯◯円の家賃を払うくらいなら買った方が良い!

っていう理由からマイホーム購入。

いつ払い初めて、いつ払い終わるか?を考えず毎月の支払いだけを見てる。

お金の勉強出来てる人って、そういう考えでは買わないです。

●入っても使ってしまう

給料入っても支出が多くて使ってしまって

お金が無い!ってなるんです。

ラットレースの始まりです。

給料入って、固定費が出てしまう。

それからローンの支出が出て行く。

残ったお金で生活しないといけない!

それでもローンを捨て金と思ってない。

仕方ないと思ってしまう人が多い。

欲しいものがあるときはカードで分割で買ったりする。

水筒持って弁当持参したりする人も…

そうしてローンを払っていく人生。

まさにラットレースです。

入っても支払いに追われる、嫌でも使わないといけない…

そんな生活ってどうですか?

それが幸せなら良いんですがね。

●バンドマンは

バンドマンは嫌でもお金使います。

ギタリストも同じかな…

新しい機材買ったりとかね〜

音楽するのはお金はかかってきます。

楽器の維持費だってかかる。

大体がみんな分割払いで楽器を買うか、貯金してる印象です。

そうしてコツコツお金を貯めていく…

スタジオ代もかかるしね〜

●1円

1円から積み上げていけば

それも山となる…

その山となったお金は計り知れない。

その山になったお金を運用だって出来る。

そう知った時

1円さえも重く感じてしまいました。

資産運用のための僅かながらの資金となる…って思うと。

重く感じてしまい、お金を使いにくくなりました。

●まとめ

お金の使い方、学ぶと今までやってきたこと、考えてたこと

どれだけ響くかは人それぞれですが

僕はガラッと変わりましたね。

僕の考え方としては

・借金はしない

・必要なものは経費と考える

・欲しいものは無くて困るかどうかを考える(無くても生きていけるかどうかを基準)

物欲はあります。

ただそれはどうしても欲しいものであったとしても

欲は抑えて、本当に必要かを真剣に考えられるようになりました。

必要なものは必要、無くても生きていけるものは極端だけど我慢もする。

僕はお金の勉強してそういう考え方をするようになりました。

同時にケチくさくもなったが(笑)

徹底しすぎ、やりすぎはあかんけど

頑張ってます!

まぁ僕の書いた今日のこの考え方、今の時代でも大半の人が否定派でしょう。

日本人の大半はそういう考え方してませんから(笑)

今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!