ジャズに挑戦

【ジャズに挑戦】ジャズギターへ挑戦!元ラルクコピーギタリストがジャズへ挑戦!

中学の音楽の授業をキッカケにギターをはじめて

Deep Purpleでエレキギターに興味を持ち

ラルクコピーを中心に15~25歳までバンド活動をしてきた僕が!

ジャズギターに挑戦します!

ジャズへの挑戦は一度していたけど、挫折していました。

言い訳にはなりますがバンドが忙しい時でもありました。

ギタリストは日々勉強です!

改めて黒本も手に入れねば…

今はA5サイズのやつあるんですよね?一回は楽器店で見たんですが
そのときに買っておけば良かったな…

コード理論の確認等はここ2ヶ月ほど地道に勉強してきたのです。基本的なことの確認は大切です。

そこを蔑ろにしてしまうと後の結果もそれなりですからね。

norinyさんから譲ってもらった本のフレーズもやっていきます!
(まだ最初の方しかやってない)

数曲覚えて、形になればですが
初心者オッケーなセッションあれば飛び込んでみます!

粉砕覚悟の挑戦です!

はじめてのバンドでも同じこと経験してますからね(笑)
情けないくらいに弾けてなくてダメ出しされて落ち込みました。

ジャズという新たな領域でどれだけ出来るか?

当然ながらすぐ弾けるようになるわけありません。

●誰でも弾ける〜

という謳い文句の教則本も何冊も見てきましたが
僕はそういうのにはなかなか惹かれないひねくれ野郎でして(笑)

どんなことでも、技術の習得には時間かかります。

それに僕は殆どがコピーバンドでしたしタブ譜さえ読めればやってこれました。
(一応五線譜も読むことは出来るけど)

その中で良くも悪くも自分の癖があるわけで

その癖を破らないといけない場面もあるかもしれない。

曲を覚えて弾くのなら出来るかもしれないが、本当の意味で弾けるというレベルを目指したいです。

それは理論も知った上で、何故こう弾くのか?ここでは何故このスケールなのか?ということも知らない状態では、弾けていたとしても上っ面だけです。

自分の求めるギタリスト像とは違います。

自分の理想が高いのは自覚はしてますが元々のなりたいギタリスト像はそういうプレーヤーなので。

憧れのギタリストは皆、何でも弾けるギタリストです。

速弾きするギタリストが多いけど、それでも弾こうと思えば対応できるっていう凄さ!

そういうマルチなプレーヤーに憧れます。

当然ながら憧れのプレーヤーはみんな基礎の土台が広い
だからジャズだろうと何だろうと対応できるし弾けるわけです。

もっと頑張っていかんとな!

今後は動画投稿もしていきたい。
YouTubeチャンネルもまた作ろうと考えてます。
(すでにあるっちゃあるけど個人的な動画保存用に使ってる)

ジャズを弾いた動画投稿もしていきたい!

改めて日々練習を頑張っていきます!