生活

【生活】高齢者が得する世の中を壊せ!今こそベーシックインカムの導入を!

政府が発表した

国民への給付金10万円で喜ぶ人もいてるだろう。

自粛、不要不急の外出は控えてください

などという国民へのお願いベースでは限界がある。

一人ひとりの自覚が大切!

っていう訴えかけでは限界あるし、そもそも無理なんですよ。

そもそも自粛要請ってのも無茶なわけで

これは極端な話にはなりますが商売してる人たちに

営業を自粛してください、その間の売り上げの最低限は保証しますから!

ってくらいでないと本気の自粛なんてできません。

不要不急の外出を控えると訴えてるのに対しても
自粛してください毎月20万円渡すから!

ってくらいしない自粛なんてできません。

今の働き世代の人はワーキングプアになりがちです。

中小企業なら

  • 仕事多いのに基本給が少ない
  • 毎月の生活でギリギリ
  • ボーナスも少ない

なんてこともあります。

公務員が安定と言える時代も今は終わりつつあるでしょう。

公務員も業種によるでしょうが、割りに合わないって話も結構聞きます。

 

毎月安定して貰えるのは間違いないが、その分仕事も多いとかもあるとかね

 

忙しい月は割りに合わないってことも聞きます。

大手企業ではリモートワークが主流になってきたし、これからは自宅に居ながらある程度のことができるようになんてくるでしょう。

なんでもリモートになってくると
公務員も仕事減っていくかもしれません。

今は日本が大きく変わる時です

今のコロナ騒動が終わったらガラリと変わります!

  • リモートワーク導入
  • オンラインである程度のことが出来る
  • 人が集まらなくても何とかなる
  • 仕事が減る
  • 会社の売り上げが下がる
  • 人員削減(リストラ)
  • 会社の倒産ラッシュ
  • 就職難になる

なんていうことが考えられます

働きたくても働けない時代が来るかもしれません。

そんな人たちのためにも今、日本はベーシックインカムを導入してもらいたい!

ベーシックインカム

国民である以上最低限の生活を保証するものとし希望の党が公約にあげているものです。

世界では導入してる国もあります

月に7万円くらいを支給するというものです。

それだけ支給されるとかなり助かりますよね?

ベーシックインカムがあれば、国民の最低限の生活が保証されるわけですから。

それがあれば本当の意味で国民が平等になるように思えます。

導入されれば日本が激変!

もしベーシックインカムが導入されたのなら・・・

年金制度は無くなるでしょう。

無くなるとこれから受給する人から苦情がきそうです(笑)

けど今の世の中は高齢化社会、高齢者が得する仕組みになっています。

そこを壊さない限りは日本ってずっとこのままでしょう。

高齢者の年金を減らして、今の20~40代の人達のためにお金を回すべきです。

今働いている人達って将来に対して不安しかないと思う。年金も貰えるかわからない。

そんな現実です。

安心して老後を迎えられる状況じゃないです(笑)

だからこそ

高齢者が得する今の現状をぶっ壊すしかありません。

もちろん問題も沢山ある

もちろんながらベーシックインカムが導入された場合の問題もあります。

  • 年金と同様の不正受給問題
  • 医療保険、介護保険の値上げ
  • 更なる増税

お金を使う人は増えるでしょうし、金回りは良くなるし景気も良くなると思います。

戸籍の無い子どもも居なくなると思います。
まぁ・・・それによる惨劇も出てくるのでしょうが・・・

今のところは日本は戦後から働き方等は変わっていません。

日本国民の生き方を大きく変えない限りは

真の働き方改革とは言えないでしょう。

ベーシックインカムの導入で新たな挑戦が出来るチャンスを作ることができる。

仕事辞めるって人も出てきそうですが、その分の芸術面やベンチャー系の企業も多く出てきそうです。

大きく変わるけど、やってみると良い変化をもたらす可能性があると考えています。
(もちろん良からぬことを考えるバカは一定数いるでしょうが)

ベーシックインカムを日本に導入してほしい

貧困問題とか減るのでは?と思ってます。

導入されれば地方なら働かなくても生活していけるかもしれないし、一人当たり7万近くあれば1人ならギリギリ生きていけるだろう。

賃貸住宅を借りる人も増えるでしょうし、家を買う人も増えるのかもしれない・・・

もちろん国の予算の問題もありますし、導入すればそれはそれで悪いことを考える人は出てきます。

ただ日本を変えることができる、景気も良くなる可能性があると考えます。

まぁ・・・元バンドマンが考える予想でしかありませんが・・・

今日はこの辺で終わります。
読んでくれた方々、ありがとうございました!