考え方

【考え方】そもそも論を理解する気のない人は痛い目見ないとわからない・・・バカを相手にするのをやめた話

そもそも論をわからないまま何かに取り組もうとする人がいまして・・・

何でもある程度の基本ってありますよね?

それをわからずにいきなり取り組もうとする人って結構多いんですよね。

今回は例として英会話を出してみます。
(やや愚痴もあったり)

英会話スクールに行く前にやるべきこと

みなさん誰しも英語は中学生でやると思います。

今はもう幼稚園でも小学校でも英会話ってやってるけど・・・

本格的な勉強ってのは大体が中学生になってからです。

僕は知り合いで英会話をしたいっていう人がいて、英会話スクールに行こうか悩んでる人が居たんです。

その人は何となく英語を喋れるようになりたいと思ってるんですね。

もちろん、それはそれでいいんですが・・・前提として

学生時代に何となくで英文を訳してる人ような人が行くところではありません

これ知らない人が結構多いんですよね(笑)

英会話スクールって、当たり前なことを言ってしまうけど

英語での会話を学ぶころです

けどそれって・・・

最低限ですよ?

中学生の英語の基本が身についた上で行くところ

っていうこと知ってます?(笑)

日本語を覚えれたから英語もいけるだろうってノリで行くところではありません。

中学の英語は基本!その理由は・・・

中学の英語って簡単に思える方もいるかもしれないが、簡単だからこそ重要です。

英語を日本語に直訳したら堅苦しくておかしく感じることないでしょうか?

そこを日常的な会話として堅苦しく話すとおかしいですよね?

目上の人には丁寧に話すだろうけど、同い年や年下に堅苦しく丁寧に話たりはないと思う・・・

日本語ならではの表現もあるように、英語ならではの表現もあります。

例えばですけど・・・

「Are you from Japan?」

「No I’m not. I’m from China.」

ってありますよね。目上の人にはこれでもいいかもしれないが・・・

これを会話的にってなるとまた違う・・・友達とかの場合丁寧に聞くのはおかしいですよね。

「From Japan?」

「No no, I’m China」

ってなる場合もあるんだとか・・・文法的にはめちゃくちゃ・・・
(高校生の時に英会話の意味を知って衝撃でした)

中学の基本がある上で、文法を理解した上で、文も書ける上で、話すということもしてから

会話に行き着く

会話って最終段階なんですよね(笑)

少なくとも、中学の英語が身についてる上で英会話へ行くべきなんです。

基本中の基本ですから・・・

それすっ飛ばして、いきなり喋れるようになると思ったら大間違いです!

もう極端な例ですけど・・・

何となーくルール知ってトランプの大富豪とかやってるようなもんです(笑)

基本知らずにやっても大して身につきません(笑)

 

もっと言うと・・・

地図持たずに山登ってるようなもんです(無謀)

英会話スクールは最終段階のところ

今回は英会話で例えましたが・・・

英会話をやる前にやることとしては

  1. 中学英語の読み書き
  2. 中学の英文法の理解
  3. 中学の英語の教科書等を5回は読む

この3つをやってから英会話スクールへ行くのがいいです(最低限はね)

これらが身についてる人は英会話スクールはありです、普通にやっていけます。

そもそも論の大切さ

そもそもどういうことかわかってる?って話です。

そこを蔑ろにしたとしても、結局はそこに戻るしかなくて(笑)

限界が来るんです、ある程度まで行ってしまうとね。

そうなった時に順番正しいかどうかを知ると絶望する人もいるかもしれんが

正しい順を知ってやり直せばいいだけのこと・・・

やり直しすることは悪いことではないです、そこで理解できたのならそれで良いです。

きちんと道筋、順序は守りましょう

ってことです。

そんな基本を知らずにあれこれやろうとしてるバカを相手してて最近疲れたこともあって(笑)
こんな記事を書いてみました。

かくいう自分も意外と基本的なことを分かってないことも多々あるので(笑)

そんな時はそれまでの自分をしっかりと反省して、すぐ基本を振り返り再スタートします。

何事も日々勉強ですね・・・

痛い目見ないとわからなそうな人と関わるのは本当に嫌だ・・・