Pococha

【Pococha】ライブ配信始めて1ヶ月経って思うこと、配信者も視聴者も心に何か抱えている!?

縁あって、先月からライブ配信というのを始めました。
基本的にのんびりマイペースにやってます。

ギター弾いたりエフェクター作ったりするというマニアック?な配信なこともあります。

クソつまらん配信でもあるけど(笑)

自分は配信もするし、もちろん見に行ったりもします。

そうしてきた約1ヶ月で感じたことがタイトルにも書いています。

配信する人も、配信を見る人も、心に何かを抱えているということです。

もちろん人は誰でも悩みもあったりするけどね。

ライブ配信の場にいる人は恐らく、単純に学校のクラスとかでは大人しいタイプの人だったりすると捉えています。

自分の居場所を求めて

ざっくりいうと、自分の居場所を探していると感じます。

現実では生きにくさを感じていたり、色んな悩みやストレスを抱えている人が多いと感じました。

配信してる人も、観てる人もね!

もちろん色んな人がいますが

たくさん見てきたなかではそんな人が多い感じがします。

言い方悪いかもしれないが、現実逃避の場と言えるでしょう。

自分の居場所を求めた先に配信サイトになるのかなと考えます。

それってネット、SNS、YouTubeにも言えることです。

悪いことではない

もちろんそれは悪いことではないです。

やっぱり仕事がある人、家庭のある人は世界って自然と狭くなってます。

気づかない間に、自分の視野が狭くなってる。

スマホからすぐ見れる別世界、YouTubeとかもその一つと言って良い。

動画だけでも面白いのはたくさんある。

けどその中でライブ配信というのは

その人と時間をリアルタイムで共有するわけです。

自分の配信を見てくれている人というのは、自分の生きてる時間を共有してるわけです。

凄いことですよホント…

その中で自分と話や考えが合う人が見つかると思うし、好きな人と関われる場とも言える。

現実に疲れたら配信見に行くというのも一つの楽しみ方と思います。

若い頃の自分みたいな人

若い頃、血気盛んな頃の自分の尖り具合というか(笑)

そういう人もいます。

若いっていいなーと思いますね・・・

そういう熱い気持ちを持つ人を見ると懐かしくなるし、自分もそんな時期あったなーと思う。

今思えば黒歴史でもあるけどね(笑)

配信の世界も狭い

ライブ配信の世界も狭いなーと感じます。

なんかこの人見たことある…?

もしや…?と思ったらまさかあの時のあの人が!?

なこともありました(笑)

覚えてる僕も僕やけどな!(笑)

いつか紹介できる時がきたら紹介したいと思います。

可能なら一緒に写真撮って紹介したいところです!

僕の配信を見てくれる人や、僕が配信見に行く人はやっぱり自分とどこかしら似た何かを感じます。

自分の見に来てくれる人のことは大事にしたいところです!

『ボックスお願いします』とか言う人もおるしコンピュータ?AIみたいなのも結構おるけど、そういうのは無視してます(笑)

コンピュータなのかは、見てたらすぐわかってきます。

日々、地道に続けていきます

ちょっと何言ってるの?って思うかもしれませんが・・・

ライブ配信ってメンタル面とか云々鍛えられます!

かなりね!

これやってみると成長できると感じます。

それは・・・

トークの面もそうですし、画面に向かって話すこととか、人前で話すこととか、そういう勇気につながります。

ボックス集めてる人もそりゃおるし、失礼なコメントしてくる人もおるけど

とりあえず

自分は地道ながらも細々とでもやっていきます!

興味ある方はPocochaを是非覗いてみて下さいね!