考え方

【考え方】やりたいことを我慢している今の自分に腹が立ったが、それは音楽よりも好きか?と自問自答する自分

つい最近の話なんですが
とある事業主の方とお話しする機会がありました。

自分とは全然違うジャンル

美容関係の方なんですよ。

その人と少しお話をさせてもらいました。

なんだか自分が話すことで整理させてもらったなと・・・

話している中で思いついたこともあったりしてね

その中で自分のやりたいことについて話したんですよ。

自分のやりたいこと

僕にはやりたいことがある、それができたらもう

今の生活が本当に満足すると思えることです。

それが…

  • ブラジリアン柔術
  • ボクシング

この2つです。

え?そんなんやりたかったの?

って思った方もいるでしょう(笑)

そう、格闘技です。

散々ギターやら音楽やってるくせにね・・・

実は10年くらい前にやりたいことでもあったんです。

けど音楽忙しくてそれどころじゃなかったのもあり
気づけば今、31歳になってるわけです。

バンドを辞めてからどちらか始めようかとも思ったくらいです。

1番やりたいのはブラジリアン柔術です。
(ブラジリアン柔術を知ったのは高校1年の時、柔道で寝技を知って、深いなと感じたことがキッカケでそこから図書室で色々調べてた中で知りました)

やってみたいなーっていう興味でしたが

具体的にやりたい!って思ったのは

アウトサイダーで吉永啓之輔さんを見たのがキッカケです。

ミスターアウトサイダー、スーパースターでしたので憧れた人は多いはず

僕はそれまで総合格闘技に関してあんまり知らなくて
寝転んだら負けと思ってたけど、そこから逆転して勝つところ・・・

巻き込んで勝つ・・・

蟻地獄みたいなね!

相手が突っ込んできたのを巻き取る・・・
吉永さんは三角絞めで勝つことが多かったように思います

すげぇーこの技!ってなりました。

吉永さんはブラジリアン柔術、寝技がベースにある人です。

吉永さんの格好良さに影響されたのはあるけど、動機はそれでもいいじゃないですか・・・
単純な憧れもありやってみたいと思うわけです。

その気持ちは今も続いてるんですよ。

ブラジリアン柔術教則本 DVD+Book [ 早川光由 ]
価格:2970円(税込、送料無料) (2021/11/28時点)楽天で購入

やらなくても良いがやりたいこと

さて、そんなお話をしていた中で初めて言われたことがありました。
(突っ込まれたことかな)

それをやってどうするの?どうなりたいの?

っていう話

それをやってどうなりたいのか?ということ
もうさっきも書きましたけど

吉永さんに憧れたのと、ブラジリアン柔術に興味を持ったからやりたい
ってだけです(単純明快)

実際はやらなくても生きてはいける
けどやらないと後悔する可能性もある・・・

心のどこかに引っかかること

けど僕にはギターがある・・・そんな面もある。

それは逃げでありやりない理由を探してるだけ

とも感じるけど

やっぱりギターは好き
とはいえやりたいと思うことは柔術です。

両方やればいいでしょ?それでいいじゃない!

って思う人もいるだろう。

中途半端にやるくらいならやめておこうと思うタイプなんですよ(笑)

ここでループしてる自分もいる。

ボクシングについて

ボクシングも良い・・・好きなんですよ。
ストイックなので結構やる時はやるタイプです。

両方やりたいわ

贅沢言えば柔術もボクシングも両方やりたい!

実は中学の時にボクシングは少し機会があったのですが、色々あり流れてしまい・・・

でもボクシングとブラジリアン柔術はやりたいことです。

5年近く悩む自分に対して思うこと

色々と悩んでるけど・・・

僕は結局のところ

音楽が好きなんだなと感じてる面もあるのです

バンド辞めたら格闘技をやりたいと思ってたけど

バンド辞めてもギターはよく弾くし、スタジオにも1人で行くし

なんなら弾き語りまで始めるしな(笑)

僕は結局は音楽、ギターが好きなんだろう・・・

そんな結論というか?自分にはそういう答えが出ているというのもあります。

格闘技をやりたいですよもちろん

けど時間が無いとかまぁそうしてやらない理由をつけてるとか、云々あるわけですけどね

そうしてる自分に何度も腹が立ってる

バンド辞めてからギターが楽しくなってるし

辞められない・・・

ブラジリアン柔術に関しての想い、吉永さんへの憧れの気持ち・・・

これを読んだ方はどう思うかわかりませんが
これだけは言わせてください

僕は自分のやりたくてやることは半端では終わらせないタイプです。

逆にやりたく無い、やらされてることは、やっても適当になりがち(笑)

格闘技に関しては、自分に対していつも自問自答してます・・・