機材レビュー

【ギターパーツ】ESP トレモロトーンスプリング TYPE-1 レビュー

今は一応は春という季節なのかな?
(最近はかなり暑い気ですね)

は英語でspringと書きます。

けどspringって色々意味があるんです。

名詞だけでも

バネ、スプリング、ぜんまい、

hot springで温泉という意味もあるし

mineral springで鉱泉という意味にもなる

不可算名詞では

足取りの軽さ、軽快さの意味にもなります。

動詞、自動詞では

跳ねるという意味がある。

spring upで跳ね上がるという意味です。

spring outでも跳ね上がる
(別の状態からパッと跳ね上がる)

spring upは様々な場面で使われます。

水が出る、芽が出るという意味でも使われる。

あとは急に何かをするなんて時にも使われるんです。

springって深いですね・・・

はい、今日はそういう英語の話をしたいわけではないです(笑)

英語に関しては僕の友人のnorinyさんに聞いてください!
↓↓↓
本質の追求者 noriny オフィシャルサイト 英語、手帳學、アチーバス…real messenger

英語講師、教員経験もあるプロです!

さて、今日は少しマニアック?でもないか…

ストラトを使う方なら気にする人もいるでしょう!

背面の裏バネです。

トレモロスプリング!

今日はトレモロトーンスプリング、ESP TYPE-1についてのレビューを書きます!

【スポンサーリンク】


ESPのTYPE-1

ESPのトレモロトーンスプリング

2つあるうちの1つです。

TYPE-1

このスプリングは

物自体がかなり柔らかいです!

普通よりも少し細めのスプリングです。

Fenderのデフォルトと比べるとわかりますが、かなり柔らかいです!

僕は最初これを買った時、このスプリングの柔らかさにはかなり驚きました!

サウンド

さて、サウンドについてです。

デフォルトに比べると柔らかい音になります。

強めに歪ませた時の音色はこのスプリングならではの音と感じます。

スプリングの柔らかさが音のポイントなのですが

僕は歪みのノリの良さはこのTYPE-1が断然好みです。

セッティング

僕はこのスプリング

DiMarzioのHS-3、HS-4を載せているギターにはTYPE-1のスプリングを使っています。
(元はリッチーコッツェンモデルのストラト)

5本掛け、ブリッジにベタ付けです。

デフォルトのスプリングでいう3本分の張力が

このスプリングでは5本で同じくらいになるイメージです。

フローティングするにしても5本あっても良いと思います。

減らしても4本がベストかなと。

まとめ

いかがでしたか?

ギターの裏バネに興味を持ってる方、変えてみたいけど実際どうなのか?

と考えている方々の参考になれば幸いです。

ESP TYPE-1は

・デフォルトのスプリングよりかなり柔らかい
・歪んだ音のノリはかなり良い
・5本でデフォルト3本分の張力

ストラト使いの方

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

せっかくなので次回もスプリングについての記事を書きます!

今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!