機材レビュー

【機材】バンドマンにお馴染みのマグナカート レビュー

バンドマンで荷物の多い人は必須になるであろうキャリー

コロコロとも言うかな?

バンドマンといえば今やマグナカートなのではないでしょうか?

キャリーといえばマグナカート!

そんくらいのイメージある。

僕もキャリーはマグナカートです!

エフェクターボードがARMOR PS-1で重いからキャリーは必須!

初代のキャリーは大阪時代に使ってましたがまぁ壊れまして(笑)

関東に来てから1年くらいしてから、メインのボードも関東に持ってきたのがキッカケ・・・

そのタイミングでマグナカートを買いまして、今で8年目。

今も問題なく使えてます!

バンドマンならマグナカートだ!

キャリーを持つ人の大半がマグナカートな気がしてます。

CYAMPSではマグナカート3人でしたからね。

ホームセンターには安いキャリーはあるけども、バンドマンならケチらずマグナカートにしましょう!

4000円あれば買えます!

今や普通に楽器店にも置いてるくらいですしね!

マグナカートのメリット

タイヤがデカくて段差も平気。

段差がある場合、持ち上げないといけない場合もある。タイヤの小さいキャリーだと持ち上げ必須になります。

(スケボーくらいのやつとかね)

マグナカートなら少々の段差は平気です。

頑丈ですから!

マグナカートのデメリット

下の鉄板が鋭利

周りの人に当たらないかを気をつけないといけません。

かなりの重さに耐えれるが故、頑丈です。

周囲の人にぶつからないようにしないといけません。

怪我させたりしたら最悪です。

スタジオ、ライブどころじゃなくなりますから注意です。

滑り止めのボコボコ

滑り止めにはなるんですが、鉄板がボコボコなってます。

これで機材が傷つきます。

僕のARMORのボードは傷だらけなりました(悲)

なのでテープを貼る、ダンボールを切って載せるといいです。

それで機材を守れます!

付属のゴム紐は役に立たない

僕が買った時はゴム紐付いてましたが、役に立ちませんでした。

頼り無さそうな感じで・・・(笑)

なのでホームセンターで買いました。

何だかんだマグナカート

やっぱりバンドマンにはマグナカートしかないです。

種類は3種類くらいあるんかな~

大きいエフェクターボード運ぶのにもいいし、アンプ運ぶのにも最適。

ギター2本ある人は1本を背負って2本目をマグナカートに載せる形になるでしょう。

マグナカート以上に良いキャリーがあれば教えてほしいくらいです!

楽器や機材はマグナカート!

絶対に安いキャリーでケチったらダメです!

これは楽器のケースでも同じこと言えますが、機材を安全に運ぶ為、機材を守る為の物には少々高くても良いのを買っておくべきです!

安い物を買って、また買い直しになっては意味がないですから

ちゃんとそれなりの良い物を買いましょう!

今日はこの辺で終わります。

読んでくれた方々、ありがとうございました!