機材レビュー

【機材】Providence P203 ソルダーレス レビュー

エフェクター同士を繋ぐパッチケーブルといえば…

やっぱり紫のやつですよね?

ProvidenceのP203です。

そのP203のソルダーレスが発売されて1年3ヶ月…やっと購入しました!

やっぱり音質はP203が良いです。

1番好きかもしれない

P203ソルダーレス

自由な長さに調節できるし便利です。

V206でも良かったけど理想はP203が良い、だから買わずに待ちました。

待った甲斐がありましたよホント!

即買いではなく1年3ヶ月後にはなったけど(笑)

というわけでサブのエフェクターボードを更新です。

P203のソルダーレスという選択

元々は普通のP203で検討していました。

けど長さが微妙だなーと思って…15センチか20センチか悩んでました。

15センチでチューナーからEPは大丈夫そう、20センチでEPからブースターも大丈夫。

そう見ていました。

さぁ、あとはいつEPを手に入れるか…と考えていたのが去年の8月頃でした。

そんな矢先に発売されたのがソルダーレスのP203だったのです!

間違いない音質

パッチケーブルってやっぱり音の減衰を感じるものがあります。

けどP203ってやっぱり音質が違います。

そりゃシールドである以上、音は減衰するんですがそれを感じさせない。

というかプラス要素になってるんですよね。

ケーブルがエフェクターというか。

ギター→チューナー→P203→TS→アンプ

で試してみるとその変化は感じました。

やっぱりケーブルで違うなぁって。

たった1本のケーブルいえ侮ってはいけません。

ボーッと聞いてたらわかりにくいけど、意識して聞けばわかります!

ソルダーレスとは?

今更ながらソルダーレスとは?というところも書きます。

ソルダーレスケーブルの”ソルダー”というのはハンダ、レスは”無し”

ハンダを使っていないケーブルということです。(そのまんま)

ソルダーレスのメリット、デメリット

ジョージエルスが有名でしたね。

そこからFREE THE TONEのソルダーレスが発売されてから一気に一般的になった印象。

  • ハンダによる音の影響がない
  • 自分で長さ調整できる
  • 省スペース化

といったメリットがあります。

プラグによる音の変化もあるので沼といえば沼ですが…(苦笑)

色んなメーカーからソルダーレスは発売されましたが自分のお勧めは

Providence P203をオススメしたいです。

そもそもP203こそ音は良いですし、良い意味でパッチケーブルにプラス要素を感じさせてくれます!

極力は普通のP203を使いたいという気持ちもありますが、今回は狭い箇所にEP Boosterを設置しました。

こういう場合こそソルダーレスは便利ですし

音も良いのはProvidence P203しかありませんからね。