エフェクター

【機材】Providence HEAT BLASTER ラルクコピーにもオススメ!基本の歪みに良いです!

好きな歪みは何か?と問われたら・・・

僕は迷いなくMarshallJCM800と答えます。

仮にそれ以外は?となれば
FRIEDMANBOSSDS-1の歪みと答えます。

とりあえず僕は
JCM800の歪みが好きというのは今後も変わりません。

そんなJCM800のサウンドが好きな僕です。

「それならばアンプ買えよ」と思うかもしれませんが

持ち運び云々あるのでそれはしなかったんです。
あとセンドリターン問題とか諸々…ね

JCM800の音を出したい!

あの歪みに近い感じの音が欲しい!

そんな欲を満たしてくれたエフェクターがあるんです!

それがProvidenceHEAT BLASTERです。

Providence HBL-4 HEAT BLASTER ギターエフェクター
価格:19800円(税込、送料無料) (2020/7/3時点)楽天で購入
今はもうHBL-4で結構変わってます

HEAT BLASTER

Providenceのエフェクターは僕の音作りには欠かせない物です。

このエフェクター、L’Arc-en-Cielkenさんが広告に出てました。

それで買おうと思ったのもありました(笑)

サウンド

kenさんが広告に出ていて惹かれたのは確かにありました(笑)

けど実際に試奏で鳴らしてみると
「おっ!?」となりました。

僕の好きな音です。
どこかJCM800を彷彿とさせるようなアンプライクな音です。

ここで僕のいうアンプライクな音というのは
過激に歪むのではなくて芯からしっかり歪むというところです。

僕の感じ方ではオーバードライブ〜ディストーションくらいです。
そもそもディストーションの定義が難しいですが・・・

オーバードライブよりも強く歪む

それでいてノイズが少ないのは
さすがProvidenceです。

使い勝手

ハイゲインサウンドを求める方にはオススメしません。

クランチくらいでベーシックな音を作っておいて、そこにTSやその他オーバードライブで音を足す形も良いでしょう。

TONEの効き具合も強くはありません。

最大にしてもそこまで音は潰れないです。
Fenderのピックアップなら結構耳にくる音になりますが・・・

音の輪郭が残っているのです。
グシャーっと潰れる感じもありません。

セッティング

自分の実際に使っていてセッティング例を書きます。

クランチ

  • DRIVE 12〜2時
  • TONE 12時

ドライブ

  • DRIVE 3時〜MAX
  • TONE 10〜12時

FATスイッチ

  • シングルコイルならON
  • ハムバッカーならOFF

という使い方です。

真空管アンプをクリーンにして使うとマッチします。
(これはマーシャルでも、フェンダーでも)

ラルクのコピーをする方にもオススメ!

2007年のまたハートに火をつけろみたいなイメージを持っています。

あの当時のkenさんはロッカフォルテを使っています。

ロッカフォルテはそこまで激しく歪まない状態でそこに別の歪み系を加えて音を出している形です。

そのロッカフォルテの役割をHEAT BLASTERでやってみる形です。

そこに別のドライブペダルを加えると良いです。

バッキング用、ソロ、激歪みという形で並べてみると良い感じに再現できます。

ラルクコピーをしている方にはHEAT BLASTERをベースに音作りをするスタイルをオススメしたいです。

アンプの持ち運びとか大変ですからね・・・

まとめ

このエフェクターを買った当時、僕はアンプはJC-120を使っていました。

相性と作り方の話ですが
HEAT BLASTERは真空管アンプの方が圧倒的に良い音になります。

  • オーバードライブ〜ディストーションくらいの歪み
  • アンプライクな音
  • TONEの効きは強くないので音の輪郭は常にある
  • 激しく歪むのではなく、しっかり歪む音

JCM800の歪みを求めていくと
HEAT BLASTERに辿り着くというのは1つの答えとしてアリです。

僕にとってこのをHEAT BKASTERを超える歪みエフェクターはあるだろうか・・・?というくらい気に入っています。

HEAT BLASTERは今後も大切に使い続けます。

今日はこの辺で終わります。
読んでくれた方々、ありがとうございました!